2017年02月08日

ジェラシーのゆくえ

他店からの紹介で二人で遊びに来てくれた
シュン君とリョウジ君は、
30代前半のシングルの友人同士。

「今年は絶対、彼氏を作りたい」
そう意気込む二人だけれど、今までの経験を
色々聞くと、よくある話ながらも
色々考えさせられた。

シュン君はあまり話さず、
普通っぽさがなかなか魅力的だけれど、
リョウジ君、いわく、ホントずるいタイプなのだそうだ。

シュン君は、身体をガンガン鍛えて、
その場限りの関係、というのも多かった。
やろうとすれば、結構出来てしまうだけに
ちょっと面倒になったりもしていたけれど、
今年からは心を入れ替えて、
好きになる人、一人を探したい、そう言う。

片や、リョウジ君は一見派手に見えるけれど、
どちからと言うと、かなり奥手で、
いざ好きになると、恋愛ひと筋になるようだ。

嫉妬深いし、連絡がなかっただけで
すぐ不機嫌になってしまう。
そういう事が原因で
今までは何人かと別れがあった。
自分でも嫌なのだけれど、
これがなかなか治らないから大変だと言う。

ジェラシーは
好きになればなるほど、
人はイライラが増し、
少し意地悪になる物言いをしたりしがちだ。

そこに何の理由もなければ、
嫉妬されるほうとしては
たまったものじゃなかったりもする。

必要以上に気持ちを抑えるのも
ストレスになるかも知れないけれど、
よほどの許せない事実がない限りは
笑ってどっしりとしていたほうが
男同士の恋愛というのは、
うまくゆくような気がする。
そんなふうに思うのは、僕だけだろうか。
posted by みつあき at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする