2017年02月03日

父と息子

九州地方出身のヤスヒロ君が
最近ふらりとよく来てくれる。
25歳という若さだけれど、
しっかりとした物言いと、雰囲気は
店の30を超える人たちも、ふ〜む大人っぽい、と
口々に言うほど。

ヤスヒロ君は自分が生まれたと同時に
お母さんを亡くしてしまった。
そして高校を卒業するまでは
ずっとお父さん一人、自分一人の
父子家庭だった。

子供の頃から「どんな事でもお父さんに相談しろ」と
言われ、男同士で珍しく、まるで友達同士のようだったと言う。

生まれた時に、お父さんは今の自分よりも少し若かったせいか、
いまだに40代というお父さんは
「自分で言うのも、なんだけどかっこいいんですよ」
ヤスヒロ君はそう言う。

そんなヤスヒロ君が、自分の性壁に気付いたのは
中学校に上がった頃。
「何か違う」色々な事に遭遇するたびに
そう思っており、ヤスヒロ君はそんな話を
すべてお父さんに相談していたのだそうだ。

お父さんは、ヤスヒロ君自身よりも、
ずっとそういう事を理解していたそうだ。
「世の中には色々な人がいる。
人と違う、というのは当たり前だ。
人に迷惑をかけずに、いかに自分らしく
生きていくか、ということが正しいことだから
お前はありのままのお前を受け入れて歩いていけ。」
何かのたびに、そう言ってくれた。

そして二十歳になり、実家に帰った時に
「大人になったことに乾杯だ。
もし、お前が誰か男を好きになったりしたら
いくらでもうちに連れて帰って来い。
3人で一緒に飲もう。
そのかわり、かっこいい奴にしろよ。」
そう笑ってくれたのだと言う。

「変な話だと思うんですけど、
僕にとってお父さんは最高の恋人なんですよ。
もちろん、性的なことを感じるっていうわけでもないけれど、
付き合えるのなら、お父さんみたいな人がいいなあ、と
常に思ってしまうんです。」

そうつぶやくヤスヒロ君には
まだ付き合える相手は出て来ない。

ずっと片親で育っていることに、
周りの人は「大変だ」と言い続けたけれど、
ヤスヒロ君はこんな幸せな家庭はない、
そう思っているそうだ。

母親と息子の関係はたまに耳にするけれど、
お父さんとのこういう話は珍しい。
とても良い話だなあ、そう思った。

posted by みつあき at 19:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライブの記憶

店によく来てくれるジュンジ君は、
30代ながら
僕と音楽の趣味がとてもよく合う。

傾向としては、洋楽、それもポップス、ロックが
好きで、かつジャズ、クラシックと幅広い。
驚くのは、僕が中学校、高校時代に聴いた
60年代から70年代に流行った
ロックなどもよく知っていて、
来日公演があったりすると、
どんどん駆けつけたりするのだから凄い。

僕は最近はめっきりライブに行くのは
減ってしまい、海外に旅行すると観るか
よほど興味があるモノしか
観に行かなくなってしまった。

昔ヒット曲を連発した歌手やグループ、
確かに行くと懐かくて楽しいのだけれど、
回顧的なライブに行くよりは新しいモノ、
もしくはニューアルバムを出して
ガンガン頑張っている人たちを観たい。

しかし、思えば、10代、20代から本当に
たくさんのライブを観た。
特に80年代に入ってからは洋楽全盛期。
バブルも手伝って、チケットを取るのが
なかなか大変だった。

とは言っても、ぴあやセゾンの電話予約もない前は
よく早朝からプレイガイドに並んだものだ。

亡くなった人たちも多い。
ボブ・マーリィ、マーヴィン・ゲイは観てからほぼ直後。
もちろん、マイケル・ジャクソン、クイーン、プリンス、
ホイットニー・ヒューストン、ジョージ・ハリソン、
デヴィッド・ボウイ、ジョージ・マイケルなどもそうだし、
渋いところじゃ、クラッシュや
ジョン・ケージ、ルー・リードなどなど。

もちろん、まだまだ健在のアーティストも多数。
最も行ったのは、愛するブルース・スプリングスティーンであることは
言わずもがな。

そんな事を考えていたら、
ふとパンフレットやチケットの半券があることを
思い出し、見ていると楽しくなってきた。

半券はほとんど取ってあるけれど、
ちょっと整理してみるついでに
珍しいモノのみ、ツイッターやインスタグラムに
アップすることにしたので、興味ある方はどうぞ(笑)

ツイッター mitsuaki_garp
インスタグラム mitsugarp

posted by みつあき at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする