2021年03月02日

自分自身を選択する、ということ

昨日は5時半を回ったあたりで、
ほぼノーメイクの女性が来てくれた。

ミドリさんというこの女性、
他のお店からの紹介で、2年ほど前、
僕がいない日に一度覗いてくれたらしい。
このブログもよく目にしてくれているようだ。

彼女は3人の子供を持つ既婚者。
でも、子供の頃から、他の人とは何か違う、
そう感じて生きてきたらしい。
その「何か」が、はっきりとは
わからない。
自分にも他人にも、うまく説明出来ずに
悶々とした感じで
大学を卒業し、就職をした。

一流会社の秘書的なことで始めた仕事だったが、
バッチリとメイクをし、綺麗めなブラウスや
タイトなスカートが
嫌で仕方がなかったのだそうだ。

そんな折り、大学時代に知り合った
2歳年下の男性から
結婚を前提で、付き合ってほしいと言われた。

男性との恋愛はもちろん、
セックスも初めて。
嫌悪感はないものの、
まったく興奮することなく、
ただ、ただ、体を許す、
そんな感じだったのだそうだ。

なおかつ、その彼にドキドキワクワク
したりすることはなく、
それでも結婚に踏み切った。

ここまで読むと、ミドリさんは
レズビアンか、トランスジェンダーか、と
思われる人も多いかも知れない。
しかし、ここ10年ほどでミドリさんが
わかったのは、性的には女性、
恋愛的には男性に心が動くのだ、
ということだったらしい。

結婚後、一人の男性に告白を受け、
かなり気持ちが揺れたこともあったが、
性的な関心の薄さもあって、
先に進むことはなかった。

女性への性的関心を確認するために、
レズビアン風俗に行ったこともある。
ビアンバーで声をかけられたこともあるけれど、
男性の時のように気持ちは盛り上がらない。

それでも、自分の着地点のようなモノが
なんとなく見えてきた、ミドリさんはそう言った。


彼女のような人のタイプが
どのようなカテゴリーに
あてはなるのか僕にはわからない。

でも、話を聞きながら、僕が思ったのは
ゲイであれ、ストレートであれ、女性であれ、
微妙な恋愛観や性的な好みは
まったく違い、そのどれも、誰もが
正解、不正解なんてないのだろうということだった。

人はこうであるべき、
ということに縛られず、
自分が望むように、生きたいように
生きる、世界はそろそろそんな時代に
突入しているのかも知れない。


*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 10:17| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

外出先での思わぬ視線

昨日、ランチを食べに来てくれた
50代のセイヤさん。
店に来てくれる前に、
都内の某駅のところに花屋があり、
そこで花をちょっと見ていた。

ふと気がつくと、何か視線を感じる。
10代かと思われるほど若い女のコが
自分のほうを見つめているような気がする。

うん?と特に見返すこともなく、
花を見ていると、彼女はちょっと
決心したように、こちらに向かって
歩いてきたのだそうだ。

そして、携帯を取り出し
「●●さんですか?」という文字を
打ち出し、セイヤさんに見せたらしい。

いやいや、と首をふると、
少し会釈をして彼女はまた同じ場所に
戻ったそうだけれど、セイヤさんいわく
「僕が『そうだ』と言ったらどんなふうに
なったんだろう」と。

おそらく、出会い系なんかでいわゆる
パパ活をしている若い女のコなのかも知れない。

出会い系などをやっていて、
こういう間違いというのは意外に多いんだろうか。

確かに二十歳にもなっていない女のコなんかも
問題かも知れないけれど、ゲイ同士の待ち合わせで
そこにストレートのそれらしき人に間違って
声をかけてしまったりすると、どうなんだろう。


出会い系ではないけれど、
この話でふと思い出したことがある。
20代の頃、夜、遅くまで酒を飲んで
高円寺の高架下を自分のアパートのほうに
歩いていたら、正面からなかなか
良い男が歩いてきた。

チラっとると、あちらも見る。
おっと思って凝視してみたら
「なんだ、お前、文句あるのか」と
言われたりして、ビビッた、という
恥ずかしい体験があった。

さすがにもうこの年齢になって
そんなバカな勘違いもしないけれど、
みなさん、気をつけましょう(笑)

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

文化的ギャップに唖然

昨日、オリンピックはどうなるんだろう、
やるべきか、やらないべきか、
という話を店でしていた。

その時に、ふと27歳のアキオは
「あの、ごりんまゆみ、という名前の人も
この時期、複雑でしょうね」みたいなことを言うので
「ごりんまゆみ??」と聞き返した。

開会式などに出る、とかいう噂だったのは
椎名林檎だよね、などとと聞き返すと
なんと、五輪真弓のことで爆笑した。

それって、「いつわまゆみだよ。
『恋人よ』っていう歌、知らない?」と
尋ねると知らない、と。

もう、ビックリ。
でも、調べてみると、あの曲、アキオが
生まれるよりも14年も前にヒットした歌なのだ。

自分が生まれる14年前の曲を僕も
知ってるかと言うと、一部を除いてほぼ知らない。

アキオは、うちの店のショウジや、ハルキなんかと
ほぼ同い年。
彼らが生まれただろう1994年のオリコンの
年間チャートを見てみる。


おお!ミスチルが1位、
今やYouTubeで大人気の広瀬香美、
篠原涼子と小室、そしてB'zと続く。
僕がほぼJ POPを聴かなくなっていた頃だけれど、
それでも一部を除いて、なんとなくわかる。

でも、これらも生まれた年であるアキオたちは
ほとんど知らないのだ。

当然のこと、と言えば当然なのだけれど、
こういう時に、自分の子供を持ったことがない
僕なんかは、驚愕してしまったりする。

とは言え、今の子供たちや若い人たちは
YouTubeや、カラオケで知っている人は
知っているのだろうけれど。

店をやっていると、毎日のように
文化的ギャップを感じることは多くて面白い。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 11:13| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

男のバッグ

ゆうべ、常連のナオトがとっても良い
皮のカバンを持っていて、
ヨウゾウが「うわ。いいねえ。
これユニセックス?」と聞くと
「うん、今日、買ったばかりだけど、そうだよ。
よくわかるね。」とナオトが答えると
「最近、結構流行りだからね」らしい。

カバンって、男性も女性も使えると
いうモノがあるのか、と少しびっくり。

でも、よくよく考えてみると、
確かに女性用はどこか可愛らしさやエレガントさが
あり、白、ピンク、ベージュのような
柔らかな色のモノが多いけれど、
男性のモノはちょっとゴツかったり、
色も黒、茶、紺ばかりのような気もする。

そう言えば、海外に行くと、
男性は日本のように
カバンを持って歩かない。
基本的に手ぶら。
財布や携帯をポケットに入れているだけ。

ジムに行ったりする着替えや、
ノートパソコンが
入ったりするモノも、基本的には
用事が済むと、自宅に置いてくる。

それらも、入れているのは、手で持ったり
するバッグではなく、
バックパックが圧倒的に多い。

スーツの時のアタッシュケースなんかも
よほど何かある時や、
仕事で営業職の人じゃなければ
持っていなかったりする。


そうそう。
もう何十年も前だが、大ヒットした
アメリカのテレビドラマの「フレンズ」で、
役者をやっている男性ジョーイが、
オーディションで洗練された男の役を
やる、という回があった。
友人の女性、レイチェルが
バッグ(日本で言うと普通の黒い肩から
かける男モノのバッグ)を準備する。

「これ、女みたいだよな」
「え?何故、バッグ持ってるの?」というような
会話があちらこちらで延々と続く。
そして、タイトルも「ジョーイのバッグ」だった。

それほど、男がバッグを持つ、というのが
アメリカじゃ不思議、おかしい、と思われるようだ。

とは言え、ナオトのバッグは
確かにオシャレでなかなか素敵だった。


さてさて、本日、明日の土日は、
また13時からデミ・ランチ。
お待ちしております。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月26日

言葉の使いかたについて

自担営業中、時間があると
国会中継やら政治家の記者会見やらを
よく観ている。

テレビでは、ほとんどカットされたり、
下手すると、中継さえなかったりするから
YouTubeで1.5倍速で、
出来るだけすべて観るようにしている。

個人的に、なんじゃこりゃとか
この言い分はないよな、とか
逆に素晴らしく、力強い意見だ、などと
色々感じたりはする言葉は多い。

そういう中で、非常にためになるのは
そういう人たちが言葉を発する時に、
いかに誠実であり、謙虚さを持っているか、
ということだったりする。

国会内ではともかく、
ぶら下がりの記者会見などを
観ていると、上から目線で
ものすごく偉そうにモノを
言ったりする人がかなりいる。

それも、還暦などとうに過ぎている
人生を長く学んでいるはずの大人が、だ。

僕の経験から言うと、そういう人こそ、
若い頃は上の人間に媚び、
いわゆる忖度をしていたりする。

僕の高校の頃は、パワハラ当たり前で
先生や先輩に殴られたり、怒鳴られたりし、
その仕返しを自分の後輩に
ぶつけたりする輩が多勢いた。

そういう流れが、いまだに一部の人たちに
残り続けている。


そして、そういうモノが果たして自分の中に
ないか、考えてみた。

たとえば、僕と同世代の人たちのブログを
読ませてもらったりすると、非常に丁寧で
「です、ます調」いわゆる敬体で
書かれている文章も多い。
僕はどちらかと言うと、
読んでわかるように、常体だ。

言い訳だけれど、敬体で書くと
本音よりも少しずれる感じがするのと、
ちょっとばかり恥ずかしい。

ただ、お客さん商売をしていて、これは
どうなの?と思う人もいるのかも知れない。

店に立っていて、比較的軽い気持ちで
馴れ馴れしく接してしまうことを、
非常に偉そうだと思う人もいるかも知れない。

昔から「お客様は神様」的な
変に媚びた商売をされるのが
どちらかと言うと苦手だった。
だから、自分としてはフレンドリーに
接しているつもりが、
そう取らない人もいるのかも知れない。


人の何を観て、自分のどこを直したり
改めたりするか。
政治家、著名人の言動を観て、
学ぶことが多い、そういう意味では
自分のためになる
緊急事態宣言下なのかも知れない。
そんなことを考える今日この頃だ。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:19| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

言葉が出てこない!

ここ数年、店でお客さんと話していても、
なかなか固有の名刺が出てこない、
ということはたまにあった。

自分が得意なはずの映画のタイトル、
俳優、監督などがすんなり出てこなくて、
結局、題名を出すのに、主演俳優も
出てこなくて、その俳優の他の映画のタイトルや
脇役から絞り出す、という情けない状態になる。

そこに行き着くまでに、5分ほどかかり、
その前の話はなんだっけ、なんてことが
次々に起こる。。。

逆に言うと、昔、どの映画を
どこの映画館で誰と観たか、
ということはしっかりと思い出す。
これは不思議。。。。

ともあれ、そういう趣味的なことだけでなく、
お客さんの名前とか、
はたまた2丁目の他の店の名前とかも
すっと出てこなくなったのがここ数年。


そして、最近致命的なのは、本当に
日常品の名称、たとえば「ペットボトル」とか
「ざる」とか、そういう言葉が出てこない。

家人やスタッフなんかに、ほら、「あの水入れる
透明の容器、なんて言うんだっけ。。。」など
これはかなりヤバいのかも知れない。

ブログを書いていても、数日に一度は
あの言葉なんだっけ、とグーグル先生を
呼び出す始末だったりする。


まさかのこの年齢で(いや、十分、高齢。笑)
アルツハイマー予備軍なのか、失語症なのか。。。
いやいや、そんなことはないはず、と
新たに英語の単語を覚えたりしようと
試みる日々なのだが、いやはや。。。。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 16:33| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

海外の友人から

昨日、旅行の話を買いたけれど、
ここ数日、僕の過去行った国々で
知り合った友人たち、
または日本から海外に住んでいる
友人たちとやり取りをした。

連絡を取ると、それぞれの国の事情が
報道されている以上にさまざまだとわかる。

ニューヨークの友人は自分のメキシコ人の
パートナーから感染受けて40度以上の熱が出て
かなり苦しい日々を送ったと聞いた。
そのパートナーは逆に無症状だったらしい。

ニューヨークの街は一時期はゴーストタウンの
ようだったが、やっと換気しながら
レストランはオープンしていると言う。
もちろん、映画館やジムはクローズのまま。

コロンビアの友人も感染したらしいが、
彼はかなり症状は軽く、その後、国を超えて
ロスやフロリダまで旅行をしたようだ。

どういう理由かはわからないけれど、
コロンビア、アメリカ間は、2週間の隔離は
なかったらしい。
とは言え、コロンビア国内はいまだに
強いロックダウン状態にある、と。

ブラジルに住むカップルは、色々なことがあって
一人はリオに残り、一人はサンパウロに
移り住んだようだ。

ブラジルのコロナ事情は、や
はりボロソローナ大統領への
反発も激しく、対策もまちまちで、
コロナ感染者も減っていないと言う。

またワクチンも偽物が出てきているらしく、
これまた大変な騒ぎらしい。

ハワイに住む僕の元彼は、もう二度
ワクチンが接種出来たとか。

こんな話を聞くと、まだまだすんなりと
旅行に行けるのはほど遠いのだなあ、そう思った。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

次に海外へ行けるのは

昨夜、久しぶりに来てくれたアキオ君と
ゆっくり話せて楽しかった。

彼は去年の春に、出張でヨーロッパに
行くはずだったのに、それがコロナの影響で
ダメになり、とても残念だったと言う。

隣に座っていたトモヤスちゃんも
数ヶ月に一度は海外に行っていたので
ここまで日本を出ないのも珍しいと。

確かに、次に外国に行けるのは
いつなんだろうかと。
日本でワクチンを打てたとしても、
受け入れ国の問題もある。
どこに行っても、密になることも
避けなければいけない、ということも
長く続くのかも知れない。

僕よりひと回り上の友人、と言うか
先輩に話を聞くと、白髪頭になり、
身のこなしも、少しゆっくりになってしまうと、
海外に出た時に、付け狙われたり、
脅されたりすることが増えたと言っていた。

ふた回りも超えたヨネダさんなんて、
あれだけヨーロッパ各地にオペラを
聴きに回っていたのに、さすがに
外国旅行は断念した、と言われていた。

そんな話を聞くと、僕もひとりでの
気楽な旅行が、あと何年出来るんだろうか、
そう思う。
ちょっと危険かも、と言われるような国に
どんどん行っていたここ数年のようなことが
嘘のようだ。

それを思うと、元気なうちに
コロナが終息してくれて、
まだ見ぬ新たな世界へ
早く行けるようになりたい、
それぞれがそんな思いを口にした夕暮れだった。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

愛しの屋台料理

一昨日、昨日と早いモノで
恒例の週末デミ・ランチが6回目だった。

今週は、インドネシア風焼きそばの
ミーゴレンと、ピリタイ風ガパオライス。

これはインドネシアに2年間行っていた
スタッフのハルキの提案と創作。

彼はインドネシアの屋台料理などが好きで
ずいぶん現地の人たちと
食べ歩きをしたらしい。

東南アジアの国々で
食事をするのは、本当に美味しいし、
どの国に行っても屋台文化は充実している。

思えば、僕が学生の頃まで、
日本でもあらゆるところに屋台があった。

夜泣きそばなんて、
今の若い子はまったくわからないかも知れない。

即席ラーメンでお馴染みのチャルメラが、
屋台のラーメンで慣らされる
オーボエに似た楽器ということ、
そしてその音が鳴り響くことから
夜泣きそば、と付けられたワケだ。

ラーメンもそうだが、おでんや
焼き鳥の屋台も楽しかった。

現在、新宿駅のフラッグスビルから下に降りる
エスカレーターがある部分など、
ちょっとした土手があり、
そこには有名な台湾屋台もあり、
よく行って紹興酒を飲みながら
色々な料理を食べたのも良い思い出。

衛生面や、交通量の多さなどから
東京でもほとんど見かけなくなったし、
福岡の屋台村も解体されてしまったことを
耳にしたのも、もうずいぶん前だ。

タイやベトナム、台湾、韓国と
アジアの色々なところで、
「腹、壊さないかなあな」どと
ちょっとビビりながら、
屋台飯をまた食べたい、
そんな思いにかられる
すっかり暖かな今日この頃。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

地方都市からのメール その2

昨日、そのまま引用させてもらった
地方都市からのメール。

今まで地方からいらっしゃったお客さんや、
それこそ僕が地方に行った時に
出会った人たちの声などから、
やっぱり地方に住まれるゲイの人たちと
東京のそれとは違うとは思っていた。

でも、改めてああいう
メールを読ませてもらうと、
本当に伸び伸びとしているゲイなんて
この国で、都会のそれも
ごくごく一部であることがよくわかった。

またその「伸び伸び感」も、
人それぞれであり、
下手すると、日本に住むゲイの中で、
同性愛者であることをしっかり
受け入れている人自体、ひょっとすると
とっても少数なのかも知れない、そう思った。


去年の秋に公開された
韓国映画「詩人の恋」では、済州島で
暮らし、生活費は妻に依存している
中年の詩人が、若い男に恋をする話だった。

彼の場合は、自分がゲイなのか、どうか
ピンと来ていない、という描かれ方を
していたが、まさにそういう人も
多く存在しているのかも知れない。

いずれにしても、日本だけでなく、
世界中で、ストレート社会で
決しておかしく思われないように、
自分のアイデンティティを
押し殺して生きている人たちは
後を絶たないのだろう。

それが本当に間違っているのか、どうかさえ
僕には判断出来かねる、そう考えさせられる
メールだった。


最終的に僕がいつもたどり着くのは、
人それぞれが自分が最も心地よく、
幸福である、という生き方を
それぞれが選択していくことこそ、
良いのだと。

差別や偏見がなくなっていく世界を
僕も望むけれど、この世からそれらが
まったくなくならない限り、
ひっそりと生きていく人たちも
共に存在している、ということを
忘れちゃいけないのだ。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 11:59| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする