2019年03月20日

チャイコフスキーのゲイ・ライフ

世界に名だたるチャイコフスキーのオペラ
「スペードの女王」の新作がロイヤル・オペラで
去年から公演されていることは知っていた。

それが、うちのお客さんの
インスタグラムで、映画館で
ライブビューイング中だと知り、
昨日、早速、行くことにした。

0129894_0.jpeg

チャイコフスキーのオペラの中で
「イフゲニー・オネーギン」は
メトロポリタンで観ているけれど、
「スペードの女王」は初めて。

アリアもほとんど頭に入っていないと
わかり、一昨日からApple Musicで聴きまくる。
なんと、便利な世の中になったものか。

今回、ステファン・ヘアハイムの演出は
なんとチャイコフスキーの人生が
「スペードの女王」の物語と
平行して描かれていく。

それも、同性愛者として苦悩している
チャイコフスキーこそ、この舞台の
主役、という見せかた。

舞台はハスラーを自宅に呼んでいる
チャイコフスキーのシーンから始まる。

このハスラーが、実はこの舞台の主役、
ゲルマンであり、チャイコフスキーを演じるのが
その恋敵のエレツキー公爵だったりする。

舞台は「生水を飲んでコレラで死んだ」
とされるチャイコフスキーの逸話から
水が入ったグラスを持つ多数の
チャイコフスキーが登場したり、
裸体に羽を数本さした3人の
チャイコフスキーが、賭博のカードの
数字を表現していたり、と
かなり過激なスタイルで見せていく。

royal-opera-house.jpg

現実のチャイコフスキーの同性愛説は
かなり公然の秘密として知られていたらしく、
パリで多くの男と関係を持ったり、
美青年の兄弟を下男として雇って
楽しんでいたという話も聞く。

結婚も6週間しか持たなかったという
彼がそこまで苦悩したかどうなのか。

少なくともこの舞台では
男女三角関係のもつれと共に、
彼の苦しみを描いている。
入り組んだキャストが
少し無理も感じたけれど、
興味深いオペラであることは間違いない。

上映は明日、21日までのようだ。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 15:24| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

壮絶な映画体験、そして大流行映画

新宿では、2丁目からほど近い
バルト9で上映している、真逆とも
言える日本映画2本を観た。

1本は、重く辛く、そして
昨今の映画ではなかなか体験出来ない
過激、かつかなりエグい
そう思われる映画「岬の兄妹」。

320-2.jpg

そしてもう1本は、上映中
最初から最後まで笑いに包まれ、
大ヒットしている「翔んで埼玉」。

320-3.jpg


本当にこれほど違うタイプの映画を
立て続けに観ると、なるほど、日本映画も
当然のことだけど、本当にさまざまだなあと思う。
そして、色々な角度から
人の好みやヒットの動向も伺い知ることが出来る。

「岬の兄妹」は、自閉症の妹と足が悪いけれど、
肉体労働をする兄の二人の暮らしを描く。
兄が仕事を解雇されることから
妹に売春をさせる!という
かなりヘビーでタブーに挑戦している映画なのだ。

目を覆わんばかりの暴力や、汚いシーンの連続に
不愉快な思いをする人も多いだろう。
でも、このドラマから、
貧困や差別、過疎、いじめなど
あらゆる問題がクローズアップされている。
気分が悪くなり、観なければ
良かったと思う人もいれば、
今年のベストワンという人もいるようだ。

かたや「翔んで埼玉」は、バカバカしいけれど、
そのアイデアの豊富さになるほど、と膝を打つ。
ところどころで爆笑させられるけれど、
個人的には映画というよりも、
テレビ的な感じが否めなかった。

東京近郊の人間ではないと
まったくわからない部分も多い。
少なくとも、外国人には何のことやらだろう。

当然のことながら、「岬〜」は上映回数も少なく、
そんなに混んでいない。
しかし「翔んで〜」はどの回も満席。

そして、仮に両方観ても、
圧倒的に支持する人や、好きだという人の多さも
「翔んで埼玉」だろう。

もちろん「翔んで埼玉」が悪いという
ワケじゃないけれど、
この現象を見て、
映画としての出来不出来は、
ヒットや、人の指示の強さや大きさではないなあ、
強くそう思った。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 12:31| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

中国からの留学生

昨日、カフェとバーの切り替えの時間に
ふらりと来てくれたハンサムな中国人の青年。
値段を聞いて、今日はチャージが付く、と知り、
ちょっと考えさせてくださいと一出て行った。

でも20分も経たないうちに戻って来てくれて、
「お酒のことがわからないから、
弱いやつを一杯だけお願いします」と
少しカタコトだけど、しっかりとした
日本語で言った。

ウォン君は24歳で福建省の出身。
日本には交換留学生として半年前に来て、
それまで話せなかった日本語を
かなり話せるようだった。
とは言え、初めてのゲイバーということで最初は
とても緊張していた。

ちょうど前のスタッフのマサトが来ていて
趣味の話をすると、クラシック音楽が好きと言い、
マサトはすかさず、自分のチェロで
サン=サーンスの「白鳥」を弾く。
「とっても感動した」と言うウォン君。

そのうちにお客さんがどんどん来て
彼に声をかけてくれる。
ゲイの友だちなど一人もいない、
と言うウォン君はとても嬉しそうだ。

ウォン君は、父親に数年前にカミングアウト。
お父さんはすんなりと受け入れてくれたのだそうだ。
つい先日、テレビで中国のLGBTの現状を
見たばかりで、そのドキュメンタリーでは
やはり儒教ということもあって
反対する人たちの多さ、
そこでアウトする生きづらさを見たばかりだった。

33dc0019f9e7b5b5cb3f5a5b4bcfad3a.jpg

(これは、オン・デマンドでも観ることが
出来るようだ。観ていない人はどうぞ。)

そんな中国で、若いとは言え、
彼がアウトした、というのは
本当にすごいことのようだ。

そのあと、スタッフのマサヤが
彼や他のお客さんを伴って
2丁目を案内してくれ、
その後戻ってきたウォン君は
非常に感激をしていた。

数週間後に、あちらの大学に戻り、
大好きな日本にまた必ず戻ってくる。
その時はまっさきにうちの店に寄る、
と言ってくれたことが嬉しく感じた。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 12:19| Comment(0) | 海外からの訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

土曜の夜と日曜の朝

店を開いて12年。
手伝ってくれたスタッフを数えると
40人を超える。
そう思うと、1クラスくらいになるので
そんなにいたのかとちょっとゾクッとする。

今も平日もそうだけれど、週末になると
古いスタッフも含めて、
現スタッフも集まってきてくれたりする。

よほどのことがない限り、
土曜日の0時前後には
誰かスタッフがいてくれたりして、
恒例の椅子入れ
(うちの店では土曜日が
立ち飲みになるため、椅子を外に
出しているため)を
それぞれ手伝ってくれたりするのだ。

そんな中で、昨日も0時を過ぎてからも
色々なお客さんが出入りしながらも、
現スタッフ、旧スタッフが6人ほどいて
ワイワイとやっていた。

そして4時を回るか、回らないかの頃から
僕が片付けはじめ、
僕も含めて残った4人で
色々なことを話す。

恋愛について。
仕事について。
物事の良し悪しについて。
正義について。
もちろん、うちの店のことについて。

スタッフに限らず、
10歳も20歳も、そして30歳も違う
こういう若い人たちと
忌憚なく色々な会話が出来るのは
本当に嬉しく、有り難く思う。

僕が彼らの年齢の頃は
ゲイバーを営業するなんてことはおろか、
そこで手伝うなんてことさえ
想像したことがなかった。

それなりの年齢になってから
オープンした店にもかかわらず、
決して僕と同世代だらけになることもなく、
あらゆる世代と交流出来るのは
本当にラッキーだ、そう思った。

朝の光が差しだす直前、
もう春になろうとしているのに、
あられが降り出した。
みんなが「あられだ、あられだ!」と
はしゃいでいて、
それを見ながら若いって、いいなあ、そう思った。

写真は、あまり内容には関係ないけれど、
今日のタイトルにした
アラン・シリトー原作の名作映画
「土曜の夜と日曜の朝」
意外に知られていないけれど、
苦い青春映画。
若きアルバート・フィニーが良かった。

81qlyHq9lPL._SY445_.jpga0285326_1754552.jpeg

それにしても、この日本上映版のポスター
まるでポルノ映画だなあ。。。


***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 17:11| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

男の中の男とは

飲み屋で、宗教、政治の話はタブーとされ、
うちの店でもほぼそんな会話になることはない。

たまにお客さんと二人になったりすると、
多少それぞれ意見を
語り合ったりすることはあるけれど、
基本的なイデオロギーについて
他人がとやかく言うことではない。
なるほど、こういう考え方もあるのかとか、
知らなかった歴史を知り、
改めて勉強しなければ、と思うこともある。


前置きが長くなったけれど、
昨日、深夜に来てくれたヤマブキ君は40歳。
坊主頭にラフな格好。
体格もよく、こちらの世界では
とってもモテそうだ。

彼は、とある17年くらい前に
ストレートの友人に誘われて
初めて浅草の三社祭に行った。

半裸の男たちに揉まれている中で
初めて閉めた六尺褌、
そして熱い怒号と汗と男臭さ。
その時に初めて体験した身体中から出る
アドレナリン。
色々な意味でとても興奮したと言い、
何度か三社に参加した僕も
それはよくわかる。
あの何とも言えない高揚感は
とても文章では伝えられない。


そのあと、ヤマブキ君は、飲み会に誘われ、
かなり酔っ払ったので
友人には適当にタクシーで帰るよ、と言い、
そのまま、初めて浅草にある
ゲイのサウナへと行き、泊まったのだそうだ。

そこで出会ったのが、三社祭に
毎年参加しているという40代後半の人。
酔っ払っている上、まだ抜けきれていない
高揚感もあって、
暗闇で思い切り抱かれた。
彼の背中には龍や花が踊っていた。

終わってから、三社祭の歴史について、
六尺褌について、そして日本の美しさについて
たくさん話をしてくれたと言う。

それから彼と頻繁に会うようになった。
ほとんどが濃厚なセックス。
日本酒をお互いに吹きかけながら、
汗だくで抱き合う。
そこには恋愛、というのではなく、
男の愛みたいなモノを感じたのだそうだ。
そして、コトのあと、必ず食事しながら
色々な話を聞く。

それが、日本の政治について、ということが
ほとんどで、そんな話を聞きながら
特に政治に興味がなかったヤマブキ君は
どんどん自分の保守性に目覚めていった。

愛国心から国をいかに守ること、
天皇制の意味、
果ては従軍慰安婦のことなど
色々と深く考えることになったと言う。

自分が同性愛者であるは、
日本男児を愛すること、
そして報われないことへの気持ちは
外国人を仮想敵だと思ったりすることで
乗り越えたりする、とも言う。

とにかく、日本に来ていてマナー違反や
偉そうにしている外国人に対して
そう思うだけで、
無意味なヘイトはないし、
興味はないと言う。
むしろ、日本を支えてくれている
コンビニの外国人などを見ると
素直にありがたい、そう思うそうだ。

「三島(由紀夫)さんが、たぶんそうだったろう
って言うのは、よくわかるんです。
男たるモノは、を追求していくことによって
自分を否定することから離れて、
自分を肯定し、優位にたっていく。
だから、ガンガンと筋肉をつけて、
戦うようなセックスをするんです。
男の中の男、という世界に燃える、
と言うか」

ヤマブキ君の話を聞きながら、
なるほど、僕の中にも若い頃、
同じようなモノが少しだけ、いや
かなりあったのかも知れない。
とは言え、僕の場合、
ちょっと右寄りの高校に
いたことによって、それへの疑問もあった、
ということで少しずつ変化したような気がする。

ともあれ、イデオロギーは置いておいて、
このヤマブキ君の来訪は非常に興味深く、
深層心理の中で、こういうゲイの人は
かなり大勢いるのかも知れない、そう思った。

ヤマブキ君の話を聞いて思い出したのが
若き北大路欣也がかっこ良かった映画
「火まつり」
ゲイや右翼思想は表現していないけれど、
そう見えるシーンは結構あった。

320-1.jpgimages.jpeg
***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:54| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

罪と罰とは

一昨日のピエール瀧氏の
コカイン使用の逮捕劇には驚いたし、
店でもそれぞれが色々な話が出た。

多くの人は「バカだなあ」という言葉を
発していた。
僕の頭に浮かんだのは「バカ」と言うよりも
「残念」という言葉だった。

僕は彼が所属する電気グルーヴを
真剣に聴いたことはなかった。
でも、役者としては
大好きだった連ドラの「あまちゃん」や
映画の「凶悪」など観ては、
本当に良い役者だなあと思っていた。

poster.jpg


ずいぶん前にも書いたことがあるけれど、
僕が若い頃は、たぶん今ほどその手のドラッグが
ここまで横行していなかった。
そのせいか、経験したくても(ここが重要)
そうそうた易くは、経験できなかった。

「したくても」と書いたけれど、
正直、大学生くらいの時は、本気で
ドラッグ(当時は映画の中で観ている
マリファナとか)を、
やりたくて、やりたくて、
たまらなかったし、そういうことに
憧れている若者たちは山ほどいた。

いわゆる異次元空間を旅することや、
想像以上の世界に入ること、
自信がない自分に自信を持てることなど
勝手なイメージに、自分の好奇心が
どんどん膨らんでいく。

当時の雑誌「宝島」のドラッグ特集
(いわゆる本気のドラッグ体験とかではなく、
ドラッグに似た経験をいかに出来るか)
などの本を買っては、研究(?)したりしていた。

そんな中で、ナツメグを舐めると
ドラッグ効果がある、とか
結構めちゃくちゃなことも
たくさん書いてあって、
法に触れない中で試したりしていた。
まったく効果がなかったのは
当然のことではあるけれど(笑)

結局、幸か不幸か(結果的には幸いにして)
僕はドラッグに手を出すことはなかった。

そんな中で、何人かの友人が
ドラッグでボロボロになったり、
苦しんだりしていくのを目にしてきた。

もちろん、これは罰せられることでもあるし、
褒められたことじゃない。

でも一歩間違えば自分だってやってしまっていた
かもしれない。
いつも、こんなニュースが飛び込んでくると、
そういう思いは消えない。
あれだけの好奇心があったのだから。


ドラッグは、直接他人を傷つけたり、
迷惑をかけたり、ということで罰せられるということが
他の法を破る事件とは少し違う。

だから、メディアでバッシングされているのを
見ると、僕個人としては「バカ」とかいう
気持ちではなく、「依存」という病にかかってしまい、
偶然にも手を出してしまったことが
残念だと思ってしまうのだ。

メディアがするべきことは、
バッシングやら、ドラッグの恐怖や
彼がいかにはまっていたか、ということではなく、
依存疾患の問題を考えること、
そこから、どういうふうに抜け出すことが出来るか、
ということこそが大切だ。

経験してしまった人たちが、
もしくは僕のように手は出さなかったけれども、
関心を一度でも持った人間が
いかに支え、脱却できることが出来るか
ということじゃないかと思う。

最後に、彼らの罪は重いかも知れないけれど、
彼が関わった作品やイベントには罪はない。
現在放映中のテレビの自粛は仕方ないとして、
アーカイブなど過去の作品を消したり、
増してこれから上映される映画の上映を
中止してしまうことはどうなんだろうか。
法を犯した人の顔など見たくもない、
そう思う人は映画館やアーカイブを
辿らなければいいだけの話だ。

あと、50も超えた人の親御さんや
ご家族にマイクやカメラを向けるのも
本当にどうかと思う。
こういう事で、彼の今後の更生や
薬物から抜け出すことを
いかに邪魔するのかを、メディアは考えるべきだ。


***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:27| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

ジェラシーについて

昨日のブログで、ユーミンのライブについて
ネタバレも含めて、その詳細を書こうと
思って進めてはいたけれど、
今回はやめることに。

どんなステージングで、
どのような演出だったか、
自分の備忘録としてのメモでしかなく、
事細かくそれを書いたところで、
観に行く人は実際目にしたらわかることだし、
興味を持たない人はまったく持たないだろう。

いずれにしても、昨日も書いたように
本当に完成度が高い素晴らしいステージだったので
少しでも関心がある人は、是非とも。
5月分は、たぶんまだチケットは手に入るはず。


さて、閑話休題。
昨日、深夜に来てくれたサトシには
4年つきあっている彼氏がいる。

サトシはそもそも彼氏が欲しいと
思ったこともなければ、探したこともない、
別に自分一人で生きていける、
ずっとそう思っていた。

しかし、ひょんな事で知り合った彼氏と
付き合ってからは、自分の心の底の
激しい嫉妬を知ることになった。

相手がどこに行くのも気になるし、
誰かと会うのも気になる。
それだけではなく、過去の恋愛も
聞きたくはないし、誰かということも
知りたくない。

そして一番は「自分がそれほど嫉妬心がある」
ということを決して相手に
悟られたくはないということだ。

だから、自分からは相手に細かいことを
聞かないようにする。
相手が過去について話そうとしても、
話を止めて、いいよ、それは聞きたくない
そう言うと思うらしい。

そんなサトシの話を聞いて、
過去の恋愛相手とは
ほぼ100パーセント連絡をとりあっている
僕とはまったく逆だなあ、そう思った。

僕自身も、
自分が好きな相手が
どんな過去を持っていても構わない。

ただ、どういう人と付き合い、
その人がどういう人だったのか、
それを知ることによって、
相手をもっと知ることが出来る。
そう思うタイプだが、
サトシにとっては信じられないようだ。

嫉妬心が強いということは
それだけ愛情深いのかも知れない。
僕の中に嫉妬心がないかと言うと
嘘になるけれど、僕は出来るだけ
信頼していたい、そう思うタイプのようだ。

恋愛に、何が正しくて、何が間違い
ということはないんだなあ、そう思う。

男の嫉妬心を描いたゲイの映画で
大島渚監督の「御法度」を思い出した。

41KeHbJLlOL.jpg

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 13:19| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

松任谷由実 Time Machine Tour 2019 を観る 

評判の良い松任谷由実の今回のツアーに
やっと行くことが出来た。

IMG_8612.jpgIMG_8616.jpg

僕は高校三年の時、まだ彼女が荒井姓だった頃、
「コバルト・アワー」のライブを
大阪のサンケイホールで観たのが最初だった。

それから随分あけて「DA・DI・DA」の
ツアーを日本武道館で、それからは
ほとんどずっと観続けていた。
伝説の逗子のライブや、
苗場のライブも含めて。

しかし、ここ2枚のアルバムのツアーには
残念ながら、行くことができず、
これはWOWOWで
楽しませてもらった。

僕が彼女の熱狂的ファンなのか
どうかはともかく、
作詞家、作曲家としての彼女は
高く評価させてもらっている。
ファーストアルバムの「ひこうき雲」からして
素晴らしく、その後、どれほどの名曲を
作り出してきたか。

彼女の歌がひどい、声はあり得ない、
という人もたくさんいるけれど、
あれらの名曲の数々を、他の人が歌っても
何故か、彼女ほどしっくり来ないのだ。

いかに、彼女のあの不思議な声質が
彼女の作る楽曲を表現するのに
ふさわしいのだ、僕はそう思う。


さて、今回のツアーは"Time Machine Tour"と
題されただけあって、過去45年分のライブの
集大成ともされている。

それだけあってか、彼女のかつてのライブで
ここまで完成度が高いモノを
僕は観たことがない。

もちろん、今までだって、他のアーティストが
決してやらないようなお金をかけまくった
彼女のステージは山ほど観た。

しかし、今回のステージの構成、
それはライティングや装置、キャストも含めた
演出は決して無駄がない。
飽きない、退屈しない。
そして何よりも、あらゆるアートが
ぎっしりと凝縮され詰まっている。

それも全28曲、2時間半を超える。
これは過去のセットリストを見ても
最長のようだ。

それにしても、65歳という年齢を
超えて、ここまでのパフォーマンスを
やってのけるユーミンという人は
本当に凄い。

「今回のライブは集大成的なモノで
これで引退かと思われたりするけれど、
まだやりたいことはいっぱいある。
まだまだ頑張る。」
アンコールのMCで彼女はそう言った。

そう。年齢ではないのだ。
やりたいという気持ち、
求める心なのだ。

少しだけ年下の僕も
今回のステージを観て、
まだまだやりたい事、やれる事が
山ほどあるのだ、そう胸に言い聞かせた。

今回、改めて松任谷由実という人を
心からリスペクトした。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:15| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

ペットを飼うこと

うちのお店に来てくれるお客さんたちが
ここ半年くらいで一斉にワンちゃんを飼い出し、
「どれだけ可愛いか」を連発する。

572429887.jpg

もちろん、前からずっと飼っている人もいるし、
そのしつけの大変さを超えて
どれだけ和ませてもらえるか、
幸せを与えらているかを
話してくれる。

何度も書いたように、
僕は実の子供が欲しかっただけに、
仮に犬でも、たぶん無性に可愛い、
と思うのは容易に想像できる。

20年ほど前に一度だけ
猫を飼ったことがあった。
それは、友人がやっているレストランに
チンチラの迷い猫が来て、
あまりにも可愛いけれど、
彼らのマンションは飼えないので
もらってもらえないかということだった。

最初は慣れない環境で
少し緊張していたものの、
ガストン(美女と野獣のキャスト名)と
名付けて、それはそれは
日々、楽しませてもらった。

しかし、ふた月もした頃に、
急にまったく食事をしなくなり
元気がなくなってしまった。

医者に連れていくと、糖尿病で
かなり悪いとのことだった。

毎日、5000円もする注射を
打たなければならない、という話。
僕がちょうど、癌の手術をしたばかりだった頃で
経済的にもどうしても無理だった。

先生に相談すると、
彼の食事さえ持ってきてもらえれば
あとはこちらで預かります、と
言ってくれた。

その後、数ヶ月でガストンは死んだ。
うちにいたのは、ほんの半年だったか。
自分でも驚くほど、
号泣したことを覚えている。

あれから、僕はペットを飼うのを
考えるようになった。
あんなに悲しい思いをしたくはない、
そう思うからだ。

でも、今まで愛犬や猫を失いながらも、
それでも飼っている人たちは
死ということをきちんと乗り越えながら
愛することを学べると言う。

なるほどと思いながらも、
なかなか踏み出せなかったりもする。

ま、その前に旅行や、外出ばかりしている
僕には土台無理なのかもしれないけれど。。。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 18:04| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

映画「ローマ/ROMA」

昨日は六尺デイで僕は休みだったので、
なんと海老名まで1時間半かけて
映画「ローマ/ROMA」を観に行った。

resize.jpegUnknown-1.jpeg

でも、実はこの映画を観るのは二度目。

最初にこの映画を観たのは、去年の暮れ、
動画配信サイト、Netflixでだった。
本当はどうしても、
劇場で観たかったのだけれど、
東京国際映画祭で2度上映した以外は
もう劇場公開はない、
と告知されていたからだった。

ところが、映画はアカデミー監督賞を取り、
映画関係者の中でも評判が
高いということもあったからなのか
先週、急遽、イオン・シネマでのみ、
公開が決定された。

「ハリー・ポッター」の3作目や
「ゼロ・グラビティ」で有名な
アルフォンソ・キュアロン監督は、
現在活動している映画人の中で
僕の5本の指に入る。

もう20年近く前に、ハワイのテレビで
この人が監督した「リトル・プリンセス」
を目にした瞬間、
あまりの映像の美しさに腰を抜かした。

この人が作る世界は、
ドラマ、脚本、人物描写もさることながら、
その圧倒的なビジュアル表現、構図、
そして音響など、まさに映画を
総合芸術、と言うべきモノに仕上げている。

そして、今回の「ローマ」もそうだ。

舞台はメキシコのローマ地区。
そこで1970年当時、キュアロン監督が
少年の頃、彼の家にいた
メイドの女性をモデルにして作られたと言う。

一家の白人の女主人とメキシコ人メイド、
この二人の女性に起こる悲劇、
そしてそれでもたくましく生きていく姿を
情感豊かに描いている。

モノクロで撮られた映像は
驚くほど美しく、あまりに緻密に
計算された音響もため息が出るほど見事。

数あるイオン・シネマの中で
最大のスクリーンであり、
THXという音響で観ることが出来る
唯一の劇場が海老名だった。

帰りの電車の中で、頭の中で
素晴らしい体験を再現していると
1時間半があっという間だった。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 17:45| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする