2021年12月06日

人見知りする、しない?

先週来てくれたヤマト、37歳はとても社交的で
どんな人が隣に座っても、すぐに話しかける。
多くのお客さんは、そのノリに
すぐに引き込まれていくのだけれど、
中にはあまり話に乗らない人もいる。

そういう時でさえ、ヤマトは
あっけらかんとしていて、
ほぼ気にも留めない感じだ。

ヤマトが帰ってから、残っていた
コウシロウ 42歳は
「僕もああいう風に生まれれば良かった」とつぶやく。

確かにコウシロウは、僕とは多く話すけれど、
まず、隣に座った人などとはまったく話そうとしない。
ちょっと隣の人の話をふっても、
僕のほうを見て応えたりする。

「気がある、とか思われるのも嫌だし、
そもそも、大の人見知りだし」ということだ。

僕自身も、昔はそういうタイプで
まったく溶け込んでいけなかった。
こんなので、よく店をやったものだと思う。


ただ、考えてみれば、多くの人たちは
それほど他人とすぐに接触することをしない。
これは、日本人の特性なんだろう。

いわゆるシャイな文化の中で育てられ、
子供の頃から恥ずかしがる、
ということが悪いこととはされていないからかも知れない。


そう思えば、アメリカで育ったというセイジが
「子供の頃、ウジウジしていたら、先生から
ちゃんと自分の意見を言うように、と怒られた」
と言っていたことがある。

それが中学、高校と進むうちに、
ディベートを教えられ、人と意見を
ぶつけ合わせる、ということに慣れてくる。

ある意味、気遣いがない、とも思われる
彼らだけれど、僕ら日本人の気遣いこそが、
何を考えているか、わからない、
そう言われる理由なのかも知れない。

ヤマトとコウシロウと接して、
そんなことをふと考えた。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月05日

自分の好きなように生きる

誰が見てもイケメンモテ筋のセイヤ君、40歳は
月に一度くらい、ふらりと寄ってくれて、
ノンアルコールを2、3杯飲んで帰っていく。

お酒は飲めるけれど、大体車で来ているので
ノンアルなのだそうだ。

昔は何人かの男と付き合っていたけれど、
今は日々の生活の中、最も大切な
ジム通いのスケジュール優先。
そこに人と共に何かをする、
という時間がどうしても入れることが出来ない。
というか、したくない。
「わがままなんですよね」と笑う。

そんなワケで、たまに4日ほど仕事の休みを取り、
沖縄にふらりと行く。

その目的は極上のゲイのマッサージ師と
会うこと、そして市内のジムに行くこと、
そして夜は飲みに行くことが楽しみ。

東京でもほとんど出来ることだね、と聞くと
「そうですね。でも景色や気温が違うことが
気分が変わるんです。
そしてあちらでは、夜、運転することもないので
とことん飲むのです。」と言う。

昼間の仕事も、もともと趣味が高じて
選んだ仕事。ただ、それもしっかりと定時に終えて
毎日、さっさとジムに向かって、きっちりと
メニューをこなす。

親にも、歳をとったら自分を守ってくれる人が
必要なんじゃないの?と言われたり、
友人たちも寂しくないの?と尋ねられたりする。
自分は今の生き方が最も幸せだし、
誰にも迷惑をかけることなく、
好きなことだけをやって
生きていくのだ、そう決めているらしい。

そんな腹のくくりかたをするのも、
ひとつの生き方だなあ、
セイヤ君の言葉を聞きながら、
そう思った。

*******************

さてさて、ここでちょっとお知らせ。
今月で今年も終わり。
この月はちょっとスタッフ編成が少し変わるので
この場を借りて、ちょっとお伝えします。

通常、火曜日はタクヤが担当していますが、
明後日、7日は20時からユホがお相手します。

また、12月24日のクリスマスイヴは
普段週末には入らないタクヤが
みつあきと共に入店予定。

そして、暮れの30日は、久しぶりのハルキが入店。
大晦日も、去年同様、みつあき、タクヤ、ハルキの
3人で、今年は紅白歌合戦を観ながらの年越しとなります。

みんなで良い歳を迎えましょう。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F






posted by みつあき at 16:33| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月04日

ゲイの人生

昨夜来てくれたショウジは、週に一度は
来てくれる常連のお客さんだが、
彼が数ヶ月に一度連れてきてくれるソウタが
まったく連絡が付かなくなったと言う。

ショウジは、このソウタとは、
20年ほど前にジムで知り合い、
それから長く友人でいるらしい。

ただ、それほどの友人なのに、
今はLINEと電話番号しか
知らないことに気がついたと言う。

おおよその仕事は知っているけれど、
社名やどこにあるかはわからない。
住まいも駅は知っているけれど、
住所は聞いたことがない。

ソウタのご両親は他界していて、
兄弟もいなくて、独り身のようだ。
だから、もし何かあっても、
連絡の取りようがない。

共通の友人、何人かに聞いても、
連絡の手段は、ショウジと同様だと言う。

何かあったんではないか、と凄く心配だけど、
どうすることも出来ないことで
もう少し考えていれば良かった、
ショウジはそう言う。


ゲイの友人関係は、こういう事はかなり多いと思う。
山ほど話をしたり、関係も深かったりするけれど、
それ以上の関係はついつい遠慮してしまう。

仕事関連の人間よりも、ずっと
大切だと思っていても、
結果的に職場の人たちのほうが
本人の詳細がわかっていたりするのだ。

思えば、うちのお客さんも、連絡が
取れなくなってしまう人もいる。
なんとなく来なくなってしまったのか、
何かあったのか、知る由もなかったりする。

そういう意味で、改めて
ゲイの人生は閉ざされていたりするのだなあ
改めてそう感じた。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 16:46| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月03日

エスコート、いろいろ

昨夜、地方都市から来てくれたジュン君は、
何が東京に来るのが楽しみかと言うと、
色々なエスコート(いわゆる売り専や、
抜きありマッサージ)を楽しむことだと言う。

地方は、やっぱり若すぎて、年上が好きな
ジュン君は、せめて35歳以上が良いと。

それこそ、東京は40代はおろか、50歳以上で
サービスしてくれる人もたくさんいて、
これがとても楽しいと言う。

彼いわく、歳をとっていればとっているほど、
そのテクニック、そして気遣いは、
若い人と比較にならないほど素晴らしいのだそうだ。


よくソープ嬢が「キスはしない」と聞くけれど、
マッサージ関係はともかく、売り専は人によって
かなり濃厚なキスをしてくれると言い、
それはジュン君が過去付き合ったどんな人よりも
愛情を感じる、と言い切る。

そう。キスさえも、ものすごく丁寧だと。

エロい下着が好きなジュン君は、指定すると
自分の好きな下着で、ネチっこく攻めてくれるらしい。

ボーイの人と話をすると、お客さんの多くは
既婚者ゲイが多いらしく、かなり優しい人が
ほとんどだそうだ。
ただ、ベッドインになると、驚くような注文もある。
よほどのことがない限り、
きちんとニーズに応えてくれると言う。

3杯くらい飲んでくれたあと、
今日は48歳の人に抱かれてきます!
と元気よく、店をあとにした。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:37| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月02日

愛しの「ウエスト・サイド物語」

昨日、来てくれたミュージカル好きのケンちゃんと
この冬、映画館で公開されるスピルバーグ監督の
「ウエスト・サイド・ストーリー」
(オリジナルの『物語』が『ストーリー』に!笑)
の話になった。

Unknown-4.jpeg

これがさすがスピルバーグ、
公開前に観た全米の批評家たちは大絶賛、
オリジナル映画を超えた!という人も多いと聞く。

ただ、当初12月10日公開だったのに、
ひと月を切ってから、突然の延期。
2月公開になってしまった。

これには、日本語吹き替えの歌入れの問題?とか
「マトリックスレザレクション」や
「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」など
大作とぶつかるから?という噂もあるけれど、
真実はわからない。

どうやら、これは日本だけで、
アメリカ本国だけではなく、
他の国もほとんど12月10日前後に封切られる
と言っているだけに、なんとも悔しい。

それにしても、もし日本語吹き替えの歌が
入るとすると、アニメ以外で
劇場公開されるミュージカルでは初?に
なるのだろうか。

だとすると、おそらく、日本のミュージカルで
有名な人たちがキャスティングされているんだろうけれど、
それはシアター好きの女子を
映画館に取り込む、
という意味では成功なのかも知れない。
個人的には、何だか気恥ずかしく、
ムズムズしてしまうけれど。

ただ、「サウンド・オブ・ミュージック」が
DVD化された時に初めて聴いた日本語吹き替えの
島田歌穂、布施明、華原朋美バージョンの歌唱は
悪くはなかった。

ついでに言うと、今回、このリメイク映画が
公開されると同時に、昔、テレビで
吹き替えをした大竹しのぶ、国広富之、沢田研二バージョン
(ただし、歌の部分は英語そのまま)の
オリジナル版が発売されたり、
放映されたりするようだ。

いずれにしても、あとふた月。
首を長くして待つしかない。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F





posted by みつあき at 15:23| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月01日

食べ物の好き嫌い

一昨日、九州から出張で来てくれた
ツトム君、32歳は、アプリで知り合った
38歳の彼と一緒に住んで3年経つらしい。

ツトム君は物凄い偏食家で、
とにかく好き嫌いがめちゃくちゃ多いのだそうだ。

一緒に何かを食べに行っても、
あれダメ、これダメ、やっと
注文をしても、その中に入っている
食材がいくつかダメで
残すこともかなり多いようだ。

細かく聞くと、寿司も、焼肉も
無理で、野菜も嫌いなモノが多いと言う。

付き合って2年ほど経った頃、
ちょうどコロナが流行りだし、
パートナーが、突然、「提案がある」
と言いだした。

俺の何か、気になることある?
これは直してほしいと思うこと、
そう切り出された。
あまりないなあと、思いながらも、
洗濯物の畳みかたや、片付けかたが
雑かなあって伝えた。

「よし。んじゃ、俺、そこを直すように
努力するから、お前もちょっと努力しない?」

よくよく聞いてみると、
これから毎日、彼が自炊をしてくれると言う。
その中で、週に一度、
ツトム君が苦手な食材を一品だけ入れて、
食事を作るので、頑張って食べてほしい。
そして週に一つずつだから、年に50種類は
苦手なモノを食べることになる。

ツトム君にとって、かなりハードルが
高い問題だった。

「食べ物の好き嫌い多いのって、
人の好き嫌いも多いような気がする、
それが悪いワケじゃないけれど、
お前にはずっと健康でいてほしいんだ。」

彼の言葉に、ツトム君はぐっと来たのだそうだ。
それから1年半。

ツトム君はほぼ外食でも、かなり
残すこともなくなり、嫌いだと思い込んでいた
食材も食べられるようになった、そう言う。

昔なら、絶対無理。
だったら、別れる!とか言うタイプだったんですが、
それだけ彼のことが好きだった、っていうことですね。
ツトム君はそう微笑んだ。

もちろん、彼もツトム君のやっているように、
洗濯物を驚くほど綺麗に仕舞うようになったことは
言うまでもないようだ。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 16:45| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月29日

眠剤の効果

前にも書いた様に、僕は非常に寝付きが悪い。
これは子供の頃からで、
枕に頭が付いたら寝てる!
なんていうお客さんの話を聞くと、
本当に羨ましい。

それでも、前の仕事を辞めたあたりは
(おそらく朝早く起きることが
なくなったという理由もあったからか)
それほどひどくはなくなった。

しかし、今の仕事になってから、
少なくとも寝る直前にお酒を飲んだり
していればともかく、
そうでなければ、2時間も
3時間もベッドでのたうち回る、
ということも少なくない。

緊急事態宣言になって、休みが
多くなると、かなり楽になったものの、
明けて、平日はともかく、
週末、朝までとなると、
その翌日や翌週がかなり辛い。

僕なんてまだ夜だけの仕事だけど、
これが看護師や消防士の人たちのように
昼夜バラバラという人は
どうしているんだろう。


そんな中で、医者に処方されたある薬を
飲んでいたのだけれど、効くこともあれば、
まったく効かないこともある。

で、うちの店に来てくれる友人でもある
お医者さんにその薬について尋ねると
「これは安定剤、つまりうつ病の人などが
飲むモノなので、ちゃんとした
睡眠剤に変えた方が良い」とのこと。

それで、ここのところ、その薬を
処方してもらい、飲むことにした。
飲んでから30分ほどしてものすごく
すごい眠気に襲われ、
おかげさまで凄く早く眠れる。

しかし、8時間寝ても、起きがけが
まだまだ眠い。
1錠を半分にして飲んでいるけれど、
それでも眠い。

まあ、普段悩むことがほとんど少なくなった
僕だから、これくらいの悩みがあっても良いのだけれど(笑)

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月28日

ソンドハイムの死

昨日、起きたら、僕が最も好きなブロードウェイの
作詞、作曲家スティーヴン・ソンドハイムが
亡くなったニュースが飛び込んできた。
享年91歳。

90を過ぎての逝去は、大往生だと多くの人が
言うけれど、想像以上にショックだった。

彼は、日本では知る人ぞ知るかも知れないが
ミュージカル「ウエスト・サイド物語」の作詞で
デビューし、「スウィーニー・トッド」
「イントゥ・ザ・ウッズ」などは近年、
映画化されていたから、ああ、と
思う人もいるかも知れない。

僕個人としては、20代の頃、ブロードウェイ・ミュージカルを
好きになり、その後、NYやロンドンで観た
「カンパニー」「リトル・ナイト・ミュージック」
そして日本で宮本亜門氏が演出をした「太平洋序曲」などで
打ちのめされた。

彼の音楽は決してポップで耳馴染みが良いワケではなく、
人に寄っては難解、とも言われる。
音楽に関して、決してプロではない僕にとっても、
不思議な音階が最初は決して心地良くもなく、
しかし、聴いていくうちに、
ひとつひとつの楽曲に虜になっていった。


亡くなる直前まで、新しい舞台音楽を
作っていたとも言われていただけに
最後の最後まで前向きな彼は
凄かった、そう思う。

今、劇場公開されている「チック、チック、ブーン!」
(『レント』のジョナサン・ラーソンの伝奇的
ミュージカル映画)にも、そっくりな俳優が
本人の役をしているばかりではなく、
生の本人の声まで入っていることに
驚愕した。

悲しいけれど、作品は多く残されているのだ。
これからゆっくり彼の残したモノを
聴きながら、思いを巡らそう。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:46| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月27日

過ぎゆく秋の中で

今年ほど、秋をこれほど長く感じるのは珍しい。
ここ最近は夏が終わって、すぐ冬が来る、
という印象だったが、
この秋は晴れた日が多いのからか
地球温暖化が進んでいるせいかのか、
晴天に、紅葉した木が東京でも
まだ、そこ、ここに見られるのは
嬉しい気持ちになる。

そんな中、楽しそうに秋を満喫した、という
セイゾウ、ヨウジカップルが
深夜に店に来てくれた。

セイゾウは6年前に、20年付き合った
パートナーを亡くした。
それから2年後、今のヨウジと会った。

それも、とあるお店のマスターが亡くなり、
その3回忌で古いお客さんが集っている中で
隣同士だったのだそうだ。

ヨウジはずっと地方で仕事をしていたが、
ゲイであることでとても
地方に留まっていられない、と
東京に出てきて数年経っていた。
しかし、ブラック企業に勤め、
頭を抱えていた頃だったらしい。

セイゾウは、前のパートナーのことが
忘れられなかった時期でもあり、
ヨウジはヨウジで仕事の悩みで、
恋愛どころではなかったとも言う。

ただ、そういうお互いに辛い時期だったからこそ、
それぞれを思いやることが出来、
付き合うことを決めたのだと言う。

付き合って4年。
二人はセイゾウの元パートナーの
墓参りに共に行ったり、
ヨウジも仕事が変わり、すっかり落ち着いたと言う。

ちょっと肌寒くなったけれど、
素晴らしい紅葉を見たあと、
こうして二人でお酒を飲める幸せを
満喫している、
そんな二人に当てられっぱなしの一夜だった。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 15:31| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月26日

関係を切られた理由

昨夜、ヤマオちゃんが来てくれて、
ここ1年半ほど親しくしていた友人と
突然、連絡が途絶えたと話していた。

いや、途絶えた、というのではなく、
正確に言うと、切られたのではないか、
ヤマオちゃんはそう言う。

二人は肉体関係はなく、友人は
10歳ほど年上。
2丁目で会ってから、仲良くしてもらい、
それかその彼の友人も含めて
食事をしたり、遊びに行ったりしていたと言う。

しかし、先週、食事をしよう、と
約束をしていたけれど、その前日に
「今回はやめにしよう。」とLINEがあり、
その後、何度LINEを送っても
既読にならない。

電話をしても出ない。

それが決定的だと思ったのは、繋がっていた
Facebookの友だちリストから消えており、
こちらから見ようとしても
見られなくなっていた。
どうやら、ブロックされたらしい。

どう考えても、何故、その友人が
腹をたてたのか、わからない。

彼の友人と会った時に、
何かヤマオちゃんがおかしな事を
言ってしまったのか。

無神経だと言われることも多いらしいけれど、
繋がった彼の友人たちに聞いてもわからないと言う。

かなりいつも能天気でポジティブな
ヤマオちゃんのそういう落ち込んだ顔を
見たのは初めてだった。


そんな話を聞いて僕自身、そのような経験がある。
近しい友人や、親しくしたお客さんが
突然連絡が途絶えてしまい、
その後、何度か連絡をしても
反応がなかったりすることがあった。

おそらく、自分自身の問題だと
色々考えを巡らせても、きちんとした
理由がわからなかったりする。

理由さえわかれば、謝ることも出来るし、
反省も出来るのだが。。。

ただ、その相手にしてみれば、許しを請う
ワけではなく、おそらく縁を切りたいのだろう。

ヤマオちゃんが少し行き場のない気持ちに
なるのを、よく理解しながら、
自分の言動や癖というモノを
改めて問い続けていくことに意味があるのかも知れない
そう考えさせられた。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 17:00| Comment(0) | 友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする